読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冗談でしょ!?レオ・レオニがオススメです スイミー

良い本はいくつになって読んも、素晴らしいですね。悲しいことを乗り越えて!新しい仲間たちと力を合わせていくスイミーの姿に感動。とてもいい!おはなしで!大好きな絵本です。

イマが買い時♪

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

スイミー レオ・レオニスイミー [ レオ・レオニ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

贈ったご家族にもとても喜んで頂けました。大人になってから読んでもやっぱりいいですね。自宅でもスイミーの絵を描いたりしていたので!そこまで気に入っているならと購入。英語版も持っていますが、谷川さんの訳の的確さがすばらしいです。今度は私が息子に読み聞かせで使いたいです。子供に読んで聞かせるために購入しましたが!大人になってもう一度読めてよかったです。絵がとにかく綺麗で可愛いです。レオレオニの綺麗な色彩にうっとりです。保育園で、読んでもらったそうです。大きな魚を恐れて隠れている魚たちに「こうしていても何も始まらない」と声をかけるのが印象的でした。小学2年生の教科書に採用されており息子の音読の宿題で毎日聴いて良いストーリーだと思い購入しました。海のつめたさ!生き物の神秘さが独特の色と形に表れています。学校でも取り上げられている良作な物語なのでしょう、寝る前などに読んでいます。とても良い物語なので!自分の子にも読み聞かせたく購入。子供のクリスマスプレゼントにする予定です。友人の赤ちゃんお誕生お祝いに贈りました。兄妹たちを失ってしまい一人になってしまったスイミー。昔小学校の教科書にのっていて大好きだったこの本。届くととっても喜んで、幼稚園の妹に読んであげていました。小学校の教科書に載っているのでみなさん読んだことがあるお話だと思いますが、大人になって読み返すと、また違った感動がありました。レオ・レオニさんの色彩豊かな絵と、谷川俊太郎さんのステキな訳。まだ早いと思うのですが!1歳になった孫のために買いました。原文で読んだことはありませんが、きっと英語のリズム感をうまく日本語で再現しているんじゃないかなと思います。透明感のある絵が大好きです。「みんなで力をあわせることの大切さ」を教えてくれる絵本。個人的にはスイミーのかわいさに胸キュンですが(笑)谷川俊太郎さんの訳も素晴らしいです。きっと思い出を美化していたのでしょうね。その名はスイミー。宝物みたいな絵本です。絵本の方が絵が多いのでよりストーリーに入れます。この先!何度も何度も読み返してその時々に何かを感じ取ってくれたらと思います。昨日から!スイミーに入ったようです。大事件・大冒険・知恵くらべ・・・の素敵な物語♪.小学2年生の国語で習った懐かしい話。とても絵もきれいで!ずーっとスイミーが愛されている理由がわかりました。絵も素晴らしい。絵がとてもきれいです。一人では難しいこともみんなで力を合わせればなんとかなるんだ☆子供たちにそんなメッセージを送っている絵本です。私も小さいころ、教科書に載っていたので懐かしさでいっぱいです。購入して良かったと思います。まだ自分では読めないと思うのですが、おばあちゃんは何でも買いたがります。スタンピングの手法で描かれた絵がとても素敵です。あまり国語が得意ではないのですが!スイミーはとっても気に入った様子で何度も教科書を読んでいました。そのうちの1匹だけ!真っ黒いだった。教科書に載っている話なので、ストーリーの構成も完璧です!^^v小学生の長男のために購入しました。私の子どもも気に入っている絵本です。大人になっても楽しく読ませてもらいました。海の中に沢山の赤い小魚の兄弟がいた。2歳の息子は一番最初は“スイミー探し”をして楽しんでいました。私も、読んで、一緒に絵を描きました。絵も素敵だと思うし話も素敵です。子供の教科書に載っていたので!誕生日用に買いました。子供のころはもっと内容があったように感じていたのですが・・・。海の中の風景や生物が美しく力強く描かています。スイミーはやっぱり持っておきたい本ですね。でも!とても大切なことがここには書かれています。子供の誕生日用に購入しました。みんなで力をあわせてまぐろを追い払う。でも!仲間を得て!みんなで力を合わせて大きな魚に向かう姿はとても素晴らしいと思います。シンプルながらも様々な教訓が含まれた内容は奥が深く、読んだ時の年齢や環境によって受け取るメッセージが変わってくる、そんな良い絵本です。「海の生き物」に興味を持ち出した子でしたら、スイミーの世界は何歳からでも楽しめると思います。これからもずっと大事にしていきたいです。。